# 食器選びでは白を基調として選ぶ

水は透明です。ですから、何かに入れても透き通ってしまいます。水以外の者に関してはたいてい色があるものです。飲み物であったり、食べ物、料理に関してです。料理には、緑色のものであったり、赤色、黄色のものなどがあります。色が合わないと、その料理にも影響してしまうことがあります。美味しそうになればよいですが、逆になるのは避けたいです。食器を選ぶときに、色を考えることがあります。どんな料理においても合わせることができるものとしては、白色のものがあります。白であれば、その料理自体を悪く見せることはありません。緑や赤、黄色のものが中にはいっていても、違和感なく食べられるようにしてくれます。真っ白のもので抵抗を感じるのであれば、少しポイントが入っているものを選ぶこともあります。少しぐらい色が入っていても、それほど影響はしません。

夏に使いたい透明の食器

夏は暑いので、冷たい料理を作ることがあります。よく食べるものとしてそうめんがあります。ちょっとしたところでは、流しそうめんで食べる風流なところがあります。水の流れに乗って涼しげにそうめんが運ばれてくると、それだけで涼しく感じます。流しそうめんはできなくても、氷などを浮かべることで涼しげにすることがあります。涼しげを感じるものとしては氷がありますが、更に涼しく感じたいと思うとき、ガラスの食器を使うことがあります。氷同様に透明ですから、それだけで涼しく感じるのです。冷たさがわかる表面の水滴なども、わかりやすくなっています。そうめんを食べるときであったり、冷奴を食べるときなどには欠かせないものになります。食べ物だけでなく、飲み物に関しても透明なものであれば涼しく感じます。中の氷などが見えるのがポイントになってきます。

子供がいるときの食器の選び方

陶器であったりガラスに関しては、落としたり衝撃を与えることで割れます。場合によっては、熱しすぎることによって、冷やし過ぎることによって割れてしまうことがあります。割れれば破片等が飛び散ることもあるので、危険な状態になります。気をつけなければいけないでしょう。大人であれば、それらを落とすとどうなるかがわかっています。子供、特に乳幼児になると、まだモノのことがわかっていないことがあります。親から与えられているだけになるのです。これから親が教えることになります。この時期には落とすことも多いです。であれば、食器はプラスチック製品などを使うことがあります。全く割れないわけではありませんが、割れることが少ないので怪我をしません。割れては変が飛び散らないものになります。陶器においても、割れにくいものを利用することがあります。