# 食器はきにいったものばかり使う

食器って、みんな結構もってると思います。でもついつい気に入ったものばかり使うなって思います。気に入ったものが、5枚セットなら、どんどん割ってしまって少なくなっていくっていうのはありがちなことです。あんまり使わないものっていうのは、食器棚のおくのほうにおいやられて、きっちりセットで存在してますね。あんまり多くの食器って、生活にはいらないっていうのがわかりました。でも、ついついおおくなっていったりします。貰ったり、あとは景品でついてきたりとどんどん増えていくんですね。気に入ったものは、使用頻度がたかいので、無くなるとことが多いです。それも悲しいです。まんべんなくつかうのがいいですが、なかなか使えないですね。最初に買うときに、安易にかわずに、本当に必要か、これをつあきたいかっていうのをよく自分に聞くほうがいいです。

用途別、個人別に食器を分けています

ついお茶碗はお茶碗、皿は皿という風に形で分けて片づけませんか。でもそれだと朝の忙しい時に「この皿がほしい」と思っても他の皿が邪魔なせいで取り出せなくて、イライラする事がありますね。なので私は朝使う食器は朝専用の場所に別に片づけるようにしていいます。収納する場所にも気を遣って、コンロのある場所から手を伸ばせばちゃんと届くところに置いているので、忙しい朝食の時に食器のことでイライラさせられる事はありません。他にも残業で夜遅くに帰ってくる事の多い主人専用に、ご飯やお味噌汁の椀、お箸といったものを一揃えにして置いています。あまりに帰ってくるのが遅いと私が眠ってしまっていて、主人が自分で遅い晩御飯の準備をすることもあるのですが、家事全般に無頓着な夫でも個別に自分の食器が整理されていると分かりやすいようで好評です。

食器を100円ショップで揃える

100円ショップにおいては消費税がかかるところとかからないところがあります。かからないと言っても本当にかかっていないわけではありません。そのお店がサービスで値引きをしてくれているのです。税込みで100円になるようにしてくれているのです。消費税が上がるとその分支払いが増えるところがあります。税込み100円のところはどうするか気になります。100円ショップで買物をするときは、できるだけ税込み100円のところを選びます。種類は限られることもありますが、ある程度のものは揃います。その中でも充実しているのが食器関係です。シンプルなデザインのものから、通常なら高いであろうキャラクターものまであります。子供なども喜んで使ってくれるのです。素材もプラスチックの安そうなものから、陶器で作られた本格的なものまであるので、選ぶのに困ることはありません。